【プラスチック_簡易金型_射出成型事例】突然ですが質問です。男性に見えますか?それとも女性に見えますか?


答えは、「見る角度によって、男性にも見えるし、女性にも見える」です。
この作品の設計者は、杉原教授(世界錯覚コンテスト2018年優勝)です。
杉原教授…明治大学の特別教授、テレビ出演も多数、世界的に有名な教授
今回、杉原教授がデザインしたプラスチック作品を、簡易金型製作から成型量産まで御津電子が担当させて頂きましたので、製品完成までの道のりを紹介させて頂きます。

成型部品完成までの道のり-約2ヶ月-

お客様から図面を頂き、まずは見積りを提出

見積もりお客様から図面を頂いた後、見積もりを提出させて頂きました。今回は中国で金型製作・成型量産をする事についても承認を頂き、その内容で見積もりを作成。

3Dデータを作成

3Dデータ正式に注文書を頂いた後、3Dデータを基に金型製作用の3Dデータに変換していきます。金型の割目・抜け勾配・突き出しなどを考え、製品を量産できるようにデータ変換を行います。もちろん、今回は錯視が発生する事が必須ですので、錯視と量産、この2つを両立させる3Dデータを作ります。

簡易金型を製作

簡易金型製作3Dデータの承認を頂いたら、いよいよ金型製作。マシニング・放電・ワイヤーカットなどの技術を屈指し、三次元測定機を使って寸法を測りながら、約4週間で金型を作り上げていきます。

成型サンプルを製作し、お客様へ提出

量産試作金型が完成したら、成型トライを行います。錯視が起きているか?金型に問題ないか?量産可能な金型か?製品に不具合はないか?決められた項目の確認を行い、成型サンプル作成は1日かけてじっくりと行われます。

成型量産品を日本へ輸入し、検査を行い、出荷

検査成型トライ品の承認を頂いた後、成型の量産を行います。量産が終わったら空路を経て、日本へ到着。日本で最終検査を行ってお客様へ納品を行います。

Q&A

Q 金型費用はいくらですか?
A 申し訳ございません。お応えできません。ですが、日本で見積もりを取ったら約2倍でした。

Q 納期は?
A データを頂いてから、約2ヶ月です。データ作成で1週間。金型で4週間。製作トライで1週間。輸送で1週間。

Q 輸送費用はいくらですか?
A 段ボール1箱で約2万円です。約2000個の量産品を日本へ輸入しました。

Q 中国との連絡手段は?
A WeChat(無料)です。日本でいうLineです。通話料無料・通話品質高い・テレビ電話も出来る。最強のツールです。

Q お客様は立ち合いなどは行いましたか?
A 立ち合いは行ってません。中国の工場見学すらしてません。全てWeChatでやり取りです

Q 費用の支払いは?
A お客様の取引条件に合わせてます

最後に

御津電子では、中国での簡易金型の作成や成型量産を得意としています。是非とも一度お問合せ下さい。

合わせて読みたい記事

【プラスチック製作事例】鏡に映すと形が変わる!?錯視研究作品 
-2019年最新レポート- 中国の樹脂成型工場の実力
→【2019年度 レポート】中国でのプラスチック金型製作の現状。品質・納期・コストについて
→日本で金型製作する意味は、もはやない【中国での金型製作事例を基に考える】

 

人見 雄一【この記事を書いたのは】
人見 雄一(ひとみ・ゆういち)

株式会社リクルートライフスタイル(営業・営業リーダー・マネージャー)を経て、2016年御津電子株式会社に取締役として入社。プラスチック事業部の責任者を務める。
役割は営業から工場経営変わり、日々悪戦苦闘しながらも、仲間とともに工場の運営を行う。
岡山朝日高校・大阪学院大学国際学部卒。岡山市出身。1981年生。