-2019年最新レポート- 中国の樹脂成型工場の実力


2ヶ月に1回中国に出張に行っている人見より、中国の樹脂成型工場の今をレポートします。
結論として私は「日本で樹脂成型する意味は、ないのではないか?」とい疑問に苛まれました。
2005年より「世界の工場になる」と宣言し、GDP世界第二位の経済大国になった中国。
その中国の樹脂成型工場の実情を、工場代表の解説と共にお伝えしたいと思います。

結論としてお伝えしたい事は、中国のトップクラスの樹脂成型工場は、もはや日本を超えている。という事です。
中国トップクラスの樹脂成型工場なら、日本より安く、日本と同等の品質・サービスを受ける事が出来ます。

樹脂成型工場の概要

工場の外観
会社設立:2005年(2015年より現在地に移転)
敷地面積:約1000坪
主取引先:オムロン
場  所:上海浦東空港より車で90分
特  徴:①ISO9001 ISO14001を取得
②金型工場を併設

樹脂成型工場内を掲載

樹脂成型工場内の全景

工場内の全景
2015年より稼働という事もあって、樹脂成型機が綺麗に並べられています。通路が確保されている事はもちろん、クレーンの置き場も確保されてます。従業員は全員帽子を着用し、金型を触る際はヘルメットを着用。安全が徹底されてます。

稼働率を可視化するモニター

稼働率可視化モニター
目立つ場所に設置されているモニターには、リアルタイムの稼働状況が映し出されています。各樹脂成型機と連動しており、製品名・稼働状況・生産数などが一覧で見る事が出来ます。日本で導入すると2000万以上するようなシステムですね…

QRコードで一元管理

バーコード管理
生産された製品は箱に詰められますが、全てQRコード付きの現品票が張られます。そのQRコードには、「いつ、どの成型機で作られたか」という情報が記載されており、万が一クレームなどに発生した場合、即座に追求する事が可能になってます。

金型を保全

金型保全部隊
「金型は樹脂成型ににおける最も重要な要素だから、徹底した管理が必要」と語る代表。工場では金型保全部隊が、樹脂成型を行う前のメンテナンスや金型保全、パーツごとの保全などを徹底して行います。お客様の大切な資産だからこそ、徹底した管理を行う事が、工場の大切なポリシーとなってます。

2時間に1回のパトロール検査

パトロール検査
「品質は生命線だからこそ、製品の成型には万全を喫しています」と語る代表。工場では2時間に1回、パトロール検査を行います。製品の外観はもちろん、製品の重要寸法、金型に破損がないかなど、細部にわたって検査を行います。

出荷前の全数検査

全数検査
工場から出荷される前には、製品は全数検査されます。熟練の検査員が、黒点・バリ・ショート・変形などがないか、成型部品1つ1つを全数検査を行います。万が一不良品が発見された場合は、現場へ改善命令が下され、即座に原因を追究し対策が立案・履行されます。

成型品への二次加工

二次加工
樹脂成型に関わる二次加工を行います。印刷(シルク・パット)・ホットスタンプ・組立アッシー・超音波圧入・熱圧入。樹脂成型品に二次加工を施し、完成品で購入したい方にも対応が可能です。

自動化設備を製作

自動化設備
「人件費の安い中国ですが自動化の波は避けて通れません。IOT・5Gなどを利用して、最新の自動化設備を作る必要があります」と語る代表。工場内には自動化設備を作る部隊が、最新のPLCやカメラを利用した検査装置の開発を行ってます。実験段階ではありますが、樹脂成型部品を自動で検査する装置が開発されてました。

金型を製作

自動化設備
工場内には金型製作工場が併設されてます。樹脂の専門家と金型の専門家が、日本製の最新設備 Sodick、Mazak、FUNACを導入し、千分の一ミリ単位まで測定可能な三次元測定機で寸法を確認しながら行う金型製作は、非常に精度が高く出来上がり、お客様より高い評価を頂いております。
→設備の一覧はこちら
→金型製作技術はこちら

樹脂成型工場内にある掲示板

エントランス 掲示板
工場入り口にある掲示板
工場方針の大前提にある事は「消防・従業員の安全と健康」、代表はそう話します。だからこそ、工場の入り口には消防・安全・健康に関わる事が掲示されており、会社の従業員を大切にしている事が、とても伝わってきます。掲示板左側が消防・安全・健康に関わる事。右側には誕生月の従業員が張り出されてます

パトロール検査室 掲示板
パトロール検査室にある掲示板
品質目標や、直近で発生したクレームなど、品質に関わる事が掲示されてます。

全数検査室にある掲示板
全数検査室にある掲示板
品質目標や、直近で発生したクレーム・今日の検査予定や気を付ける点などが掲示されてます。

5Sの徹底された樹脂成型工場内

全数検査室にある掲示板
樹脂成型工場全体の写真
改めて工場の全体の写真を見て下さい。5Sが徹底されてます。私も日本の工場へ見学に行く機会がありますが、ここまで綺麗な工場は日本でもあまりみかけません。

樹脂成型機
樹脂成型機の写真
樹脂成型が終了したら、綺麗に清掃され、いらないものが何一つ存在しません。、

樹脂成型機の足元
樹脂成型機の足元
「神は細部に宿る」「おしゃれは足元から」という言葉があるように、足元はとても重要。この写真は樹脂成型機の足元です。綺麗です…。惚れ惚れする一枚です。

金型保管
金型保管場所
お客様の大切な資産である金型。だからこそ、徹底して綺麗に保管されてます。安心です。日本だと適当に積まれている樹脂成型工場とかもありますので…・

樹脂成型工場の受賞履歴

工場の受賞履歴
受賞歴:
2013年オムロン様より最優秀仕入先賞
2014年オムロン様より最優秀仕入先賞
不良品納入実績:
10ppm以下(弊社独自調査)

製品の事例

製作事例
製作実績
①0.02mm迄の寸法精度を実現するプラスチック製品
(コネクタ・FA機器部品・外装部品)
②弁当箱サイズまでの大きさ
②雑貨プラスチック製品
製作コスト
日本の1/2-3/2程度
対応樹脂
エンプラ(PBT,PC,ABS)
汎用樹脂(PP,PE)

製作事例
製品事例1
お客様:自動車関係
用 途:電気自動車の部品
コスト:日本の1/2
備 考:インサート樹脂成型

製作事例
製品事例2
お客様:自社製品
用 途:お子様向けのクシ
コスト:30円/1個
※日本だと80円

最後に

テスラ
品質・サービス・納期は日本と同等、価格は日本以下。
最新の技術・最新の設備に加え日本流の品質管理を行っているのですから、日本はもはや負けていても不思議ではありません。

工場見学をしたい、取材をしたい、見積もり依頼をしたい、という方、お問い合わせをお待ちしております
電気自動車テスラでお迎えに上がります(^^♪

こちらの記事もおすすめ

→【2019年度 レポート】中国でのプラスチック金型製作の現状。品質・納期・コストについて
→日本で金型製作する意味は、もはやない【中国での金型製作事例を基に考える】

 

カテゴリー: NEWS
人見 雄一【この記事を書いたのは】
人見 雄一(ひとみ・ゆういち)

株式会社リクルートライフスタイル(営業・営業リーダー・マネージャー)を経て、2016年御津電子株式会社に取締役として入社。プラスチック事業部の責任者を務める。
役割は営業から工場経営変わり、日々悪戦苦闘しながらも、仲間とともに工場の運営を行う。
岡山朝日高校・大阪学院大学国際学部卒。岡山市出身。1981年生。