日本で金型製作する意味はある?【中国での金型製作事例を基に考える】

工場 整理整頓
【中国でのプラスチック金型製作の現状。品質・納期・コストについて】の反響が大きく、多くの質問や問合せ、ご意見を頂きました。ありがとうございます。
そこで今回は、頂いた質問や問合せに応える形で、私が感じた疑問と共に、中国で金型製作を行った事例を紹介させて頂きます。
「中国で金型製作する際、どのようなスケジュールになりますか?」「中国での金型製作のリスクは何ですか?」「輸入の手続きはどうなりますか?」「納期は?」
金型完成を迎えるまでの流れと共に紹介させて頂きます。

中国で金型製作した製品の概要

試作品 サンプル品
エンドユーザー:自動車関連
使用用途 :車のエンジン周りに使われる部品
材質   :PA6-GF30
寸法許容 :±0.20
指定納期 :45営業日
※写真はイメージ図です。実際の製品とは異なります。

金型完成を迎えるまでの流れ【30日】

①見積もりが届きます

見積もり
図面もしくは3Dデータを送付したら、見積もりが届きます。写真は実際の見積もりで、基本的な情報(製品名・価格・工期・保証ショット)はもちろん、『製品写真』『製品サイズ』『重量』『成形トン数』『ゲート』などが、細部にわたって記載されてます。もちろん金型は日本までの輸送費込みで提出してくれました。

②金型仕様確認資料が届きます

事前打ち合わせシート
発注がほぼ決定した段階で、金型仕様確認資料が届きます。金型の構造・ゲート位置・EJピン・抜き勾配等、金型製作において必要な事柄が記載されてきます。写真は実際に届いた資料を載せてます。
弊社ではこの資料を、まず日本の社内へ共有します。成形上問題ないか?日本の設備で成形できるか?ゲート位置は適切か?等詳細事項の確認を行い、疑問点や改善点を中国とすり合わせします。その後、お客様に提出し、打ち合わせ前の事前資料としてご覧いただきます。

③金型製作打ち合わせ

WECHAやり取り
お客様との打ち合わせは日本で行います。(必要であれば、中国から技術者が来てくれます)。その後、wechat(Lineみたいなもの)で、中国側と打ち合わせ行います。通話料は無料。通話品質も問題なし。お客様との打ち合わせ資料を確認しながら、要望事項などを含め、会話を行います。日本との時差もないので、何のストレスもなく打ち合わせは進んでいきます。

④金型製作

WECHAやり取り
1/1000の寸法精度を実現できる、日本製の機械を使って金型製作を行います。金型を作る上で重要な設備に投資している為、精度高い金型パーツが出来上がります。

⑤金型パーツの寸法精度確認

三次元測敵
金型パーツが完成したら、全てのパーツ寸法を三次元測定機を使って計測。設備の精度が高いといっても、金属加工なので若干のブレが発生します。そのブレを見逃さない為に、三次元測定機で全パーツ全寸法を測定します。成形において最も重要な金型パーツを、日本製の設備と三次元測定機で、作り込んでいきます

⑥試作トライ

三次元測敵
併設されている成形工場にてトライ。製品が安全に取り出せるかを、金型工場責任者・成形工場責任者・私で立ち合い。問題がなければ、そのままトライを行います。
ここのスピードは非常に速いです。成形で問題が発生した場合、即座に金型を下ろして、隣の金型工場で修正を行い、再トライを行います。成形工場が併設されていない場合は、金型輸送に時間がかかりますが、この工場の場合は輸送時間がない為スピーディーに進めてくれます。

⑦製品 型検

三次元測敵
日本製の測定器を使って、製品の型検を行います。
今回自動車部品を立ち上げ、寸法測定個所200カ所・要求寸法精度±0.20でした。全寸法、一発で合格でした。
型検データをお客様に提出。何も問題なく金型が完成しました。

⑧量産トライ

成形機
日本で成形を予定している為、今回は約1日量産トライを行いました。
※余談ですが、成形機綺麗だと思いませんか?中国製で油圧式の成形機にも関わらず、とてもきれいに清掃されてました。

⑨輸出

専用の木箱を使って、綺麗に梱包されて、日本に輸出されます。ちなみにエアーで運びますので、2日ほどで到着します。

金型製作についてQ&A

Q 先方のスタッフの対応力は?
A 日本人より上手な日本語をしゃべる方が担当です。日本語も問題なし。Wechatを使って、とても迅速に対応してくれます

Q 通信手段は?
A Wechatという日本のLineアプリを使います。通話料は無料・通話品質は少し悪いくらい。なんのストレスもありません。

Q コストは?
A 日本の業者約3社に見積もり依頼を出しました。その日本の業者と比べて、約1/2~2/3でした。

Q 品質は
A 日本に負けない、むしろ日本より上です。事前資料の用意・三次元測定機を使った金型製作・量産トライ迄のスピード。何をとっても素晴らしい。大きなトラブルなく、量産を迎える事が出来ました。

Q 進めていく中で困った事は?
A 中国に成形材料を送る事です。中国では手配出来ない材料でした。その為、日本から材料を輸出。EMS・インボイスの作成など、初体験でしたが、日本と送るくらいの手続きで終わりました(笑)材料も約2日で中国へ到着。最初は非常に焦りましたが、難なく終わりました。

Q 万が一金型が壊れたら?
全てのパーツにレーザー刻印をしています。壊れたパーツのナンバーをおっしゃって頂ければ、そのパーツを作って送ります。
もちろん、金型図面もお渡ししますので、現地で調達して頂いても問題あ有ません。

Q 製作実績は?
A 弊社が進めている案件は約6面あります。全て順調に進んでいます。弊社以外でも、オムロン様、中央発條様など、多岐に渡って取引をされてます。

最後に

率直な感想としては、「日本で金型製作する意味はあるのか?」です。
リスクに感じていた通信手段・輸送手段日本と同じ。
QCDS(品質・納期・コスト・サービス)は日本と同等もしくはそれ以上。

社内会議で「中国で金型製作する」という方針を出した時は、正直とても怖かったですし、赤字も覚悟をしました。
ですが、いざ立ち上げてみるとなんのストレスもなく量産を迎えています。
今では製作実績も積み上がり、非常に信頼をしています。

弊社では、中国での金型製作を得意としておりますので、ご興味のある方は是非一度お問合せ頂ければと思います。