自動搬出装置 ODM事例 【動画付】

プラスチックの射出成型事業部では、夜中の無人運転をする為、製品をストックする設備を導入してます。
しかしその設備には、容量過多の為に夜中に機械が止まる、という致命的な課題がありました。
容量の大きい設備を買いたいけど、予算は限られているし、場所もない。
夜中に止まるという機会損失に対して、牛窓工場のODM(開発)部隊が、改善に着手を行いました。

改善前

機会損失金額:250万(=機械停止時間×機械チャージ×稼働日数)
機械停止時間:5時間(0400-0900)
機械チャージ:2000円
稼働日数  :250日

改善後

機会損失金額:0万(=機械停止時間×機械チャージ×稼働日数)
機械停止時間:0時間
機械チャージ:2000円
稼働日数  :250日

効果

効  果:250万
開発費用: 10万

従業員の声

-成形オペレーター Hさん-
夜中に機械が止まらなくなることで、生産効率が約1.5倍になりました。
今まで20日で生産を予定していた製品が、12日で生産できるようになりました。
空いた分を他の生産をする事が出来て、非常に助かってます。
-成形の責任者 Tさん-
生産効率が上がる事で、成形工程が非常に組みやすくなりました。
私も開発にかかわったのですが、とても良い経験をさせてもらいました。
-工場責任者 Oさん-
稼働率の向上の目的は、「仕事量の拡大」と「作業効率の向上」が挙げられます。
今回の開発案件は、その2つを実現してくれた。後は営業部隊が仕事を取ってくることだけです!頑張ります!

【最後に】

私たちの工場で困っている事を自社で解決した事例ですが、「お金をかけずに改善したい」とか「狭いスペースを上手に使いたい」などお悩みがあると思います。
弊社ではこのようなODM(開発・製造)も可能ですので、興味がある方は一度お問合せ下さい。