プラスチック製品の試作金型(簡易金型)が出来上るまで

ホームページを通じて、多くのお問い合わせを頂きましてありがとうございます。今回のブログでは、試作金型(簡易金型)についてよく頂く質問にに対してお応えします。
完成まで何日かかりますか?」「準備するものは何ですか?」「金額はいくらですか?

結論、”期間は約1ヶ月”、”金額は約40万~(大きさによる)””用意頂くのは図面のみ”で、試作金型は完成します。
具体的な事例を通じて、期間・金額・用意頂くものお伝えしていきます。

試作金型って…?

試作金型とはプラスチック製品を生産する時には、金型が必要になります。
 試作金型とは、プラスチック製品を50個~20,000個くらい生産したい時に、お勧めしている金型の製作手法です。特徴は、大量生産できない代わりに、安価で製作する事が出来ます。
ちなみに試作品が50個以下の場合は、Dmm.comの頼むのがお勧めです。図面を送るだけで、1個1万円ぐらいでプラスチック製品を作ってくれます。

プラスチック製品を50個以下で作りたいなら…

サービス名:DMM.make 3Dプリント
URL:https://make.dmm.com/print/
備 考:私もよく使いますが、とても便利です。データを入れるだけで、即見積もり&注文が出来ますよ。1個1万円~

【参考価格】試作金型の製作

大きさ
縦*横*高(mm)
金型の価格
基本形状 +1スライドごと

50*50*20
¥400,000 +¥70,000

90*70*30
¥600,000 +¥90,000

150*100*40
¥,800,000 +¥130,000

試作金型を作る上での金額早見表は上記の通りです。形状によって若干金額は変わりますので、図面を頂ければ、詳細見積もりを提出します。

完成までの流れ【最短1ヶ月】

見積を提出します

試作見積もり
図面を頂ければ、詳細情報(ランナ重量・製品重量・金型材質・樹脂)を記載した見積もりを提出させて頂きます。

金型仕様書を提出します

DFM 金型仕様書
注文書を頂ければ、金型の仕様書を提出します。(記載内容…ゲート形式・ランナ形状・金型構造・スライドの有無・PL)
 金型は製品を作る上で、非常に重要な要素。だからこそ、御津電子では金型仕様書の提出を必須としています。金型仕様書の提出は、お客様から「安心できる」と非常に高い評価を頂いております。

試作金型を製作します

金型製作
金型仕様書に承認を頂ければ、金型製作に取り掛かります。日本製のマシンを使用し、三次元測定機を使って寸法測定を行いながら製作。お客様から指定頂いた寸法通りに、精度高い金型を作り上げます。

プラスチック製品が完成します

試作品完成
試作金型が完成次第、プラスチック製品を作ります。製品に問題ないか、指定頂いた通りに出来ているか、詳細まで確認を行いながら試作トライを行います。もちろん、立ち合いも可能ですので、お申し付けください。

最後に

図面だけ用意いただければ、”期間は約1ヶ月、”金額は約40万~(大きさによる)”で、試作金型は完成します。
弊社では試作金型製作において、1000以上の実績があります。是非一度図面だけでも送付ください。即日お見積りをさせて頂きます。

 

人見 雄一【この記事を書いたのは】
人見 雄一(ひとみ・ゆういち)

株式会社リクルートライフスタイル(営業・営業リーダー・マネージャー)を経て、2016年御津電子株式会社に取締役として入社。プラスチック事業部の責任者を務める。
役割は営業から工場経営変わり、日々悪戦苦闘しながらも、仲間とともに工場の運営を行う。
岡山朝日高校・大阪学院大学国際学部卒。岡山市出身。1981年生。